So-net無料ブログ作成

アサイーベリーで白内障の手術後特有の目の不快症状も解消、メガネも不要になった [体験談]

くっきり見える毎日に感謝

私は、「目のためにはコレ! 」と決めているものが、あります。それは「アサイベリー」。
アサイベリーについてはこちら

目のショボショボ感を取るのに、効果があります。「若いときに目がいい人は、老眼になるのが早い」とよくいわれますが、私も、40歳過ぎから老眼を自覚しました。

子育てが終わり、病院の医療事務として働き始めたところ、明細書などの細かい文字が見えづらくなったのです。全部見えにくくなるのなら仕方ないのですが、ある大きさの文字が極端に見えにくくなってしまいました

それ以来、老眼鏡を肌身は出さず持ち歩くようになりました。

70歳のときには緑内障を発症し、主治医に診てもらうと、白内障であることが判明したのです。「まだ、手術はしなくてもいい」とのことでしたが、この先、年齢を重ねて、体力がなくなってからの手術ではやはり心配です。まだまだ運転をしたいという思いもあり、「手術を受けたい」と主治医に頼み込みました。

手術自体は、無事に成功しました。しかし、以来、目のショボショボ感に悩まされるようになり、「元の目」ではない感じなのです。

自分でも何かできないか、と探していたとき、巡り合ったのが「アサイベリー」でした。ほかにもいろいろ試しましたが、ショボショボ感を取ってくれたのはアサイベリーだ一けでした。それだけでもなによりと思っていましたが、見え方までハッキリしてきました。

先日、マッサージに出かけたときのこと。うっかりメガネを忘れたのですが、雑誌を難なく読めることに気づいたのです。出見えるということは、ほんとうにありがたいことです。

私は多趣味で、ダンスを教えたり、生バンドで歌ったりと、お稽古ごとやボランティア活動をたくさんしてきました。
編み物も大好きで、以前はよく編んでいたのです。目がショボショボしていたときは、編むのがしんどかったのですが、今はいくら編んでも目は疲れません。夢中になって編んでいます。目の健康を保ちながら、趣味にも熱中でき、毎日を楽しく過ごせることに感謝しています。

白内障の手術が決まっていた方が手術をしなくてすんだケースもあるようです。アサイーベリーの力は未知だなぁ~と関心しています。アサイーベリーを毎日続けたら白内障のかすみやまぶしさが消えた
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。