So-net無料ブログ作成

あずき茶でズキズキするひどい頭痛がおさまり、産後のむくみ太りも解消 [自然治癒力を高める食事]

体内の余計な水分を排泄し、むくみを解消する効果

4年前、私は33歳で初めての出産を経験しました。
今は息子がかわいいのはもちろん、いっしょに過ごす時間が楽しくてしかたありません。しかし出産後、育児と並行して職探しをしたり、実際に働き始めたりしたころから、徐々に体調が悪くなっていくのを感じるようになりました。

寝不足などが原因だと思いますが、最初は、尿の出が悪くなり、しだいに足がむくむようになったのです。

むくみは、次第にひどくなっていき不安が募るばかりでした。ふくらはぎや足の甲を指で押すと、凹んだまま、なかなか元に戻りません。むくみ太りというのか、体が重いような感覚もあります。

また、妊娠中に足の静脈瘤を患ったためか、すでに治ったはずなのに、その跡をなぞるように、ふくらはぎに痛みが生じるようになったのです。追い打つをかけるように頻繁に頭痛に悩まされるようにもなりました。

朝になると、肩から首すじを通じて痛みが上がってくるような、ズキズキする頭痛が起こります。梅雨時や、生理の前後は特にひどく、頭が重くて、ベッドから出るのがつらいのです。

それでも子供を保育園に送り、仕事に行かなければなりません。首にカイロまを貼るなどしながら対応しましたが、頭痛の頻度は増していくぼかりでした。

頭痛が日中まで続いていると、仕事での集中力も落ちてしまいます。息子との時問も思うように楽しめません。私にとっては、むくみより頭痛のほうが深刻な状態になりました。出産をきっかけに体質が変わるというのは、よく聞く話です。

しかし、出産から3年ほど経っているので、これは、ただ産後の不調ではないと思った私は、去年、これらの症状について、東洋医学の先生に相談しました。すると、「代謝の悪さによる、典型的な冷え症」と診断されました。

そして「体内の余計な水分を出してくれますよ」と勧められたのが、あずき茶だったのです。あずき茶は手作りできるというので、早速自分で作ってみました。乾燥あずきを、空炒りしてから、たっぷりの水で煮出すだけ。多めに作り、ポットに入れて冷蔵庫に常備しておくことにしました。そして、水やお茶の代わりに、毎日あずき茶を飲むようにしました。

ふくらはぎの痛みもすーっととれた

こうして、あずき茶を飲み始めて2日めあたりからでしょうか。トイレに行く回数が増えてきました。

そのたびのお尿畳も増え、スッキリと出切ったような感覚もあります。すると、目に見えて、むくみが少しずつとれてきました。

加えて、階段を上るときや息子と遊んでいるときなど、体が軽くなっているのがわかります。ふくらはぎが痛くなることもありません。また、最も気がかりだった頭痛も、いつの問にか起こらなくなりました。

頭痛の起こる日が少なくなり、朝のつらさもほとんどなくなってのです。頭痛が改善すると食欲も出てきてやる気もでてきました。

今思い返すと、私が毎日あずき茶を飲み続けられたのは、まず、数日で効果を実感できたということがあります。すぐにお小水の出がよくなり、「私に合っている」と感じられたことは、大変励みになりました。

そして、なにより、あずき茶がおいしかったことです。ほんのりとした甘みがあるので、あずき茶を飲めば気持ちが落ち着きます。さらに、ちょっと甘い物が欲しいときには、煮出したあとのあずきを食べることもありました。4歳の息子はやんちゃぎかりで、元気に走り回っています。私はこれからも息子といっしょに走り回るために、あずき茶を飲みながら、健康と体力を維持していこうと思います。

強力な毒出しパワー!「あずきスープ」は肝臓と腎臓を強化しだるさや疲れも解消する

タグ:小豆
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。