So-net無料ブログ作成

健康ゆすりなら軟骨が再生、変形股関節症を手術なしで痛みをとる [その他]

最近、変形性股関節症に悩む方が人工関節の手術以外でなんとかならいのか?という要望が急増しています。

多くの整形外科医が痛みや不安に十分に配慮することなく、安易に人工関節の置換手術をすすめるという問題があると思われます。たしかに股関節の痛みに対してこれまでは手術で人工関節に置換する方法しかありませんでした。

変形性股関節症は、脚のつけ根にある股関節の軟骨がすり減り、痛みや炎症が起こる病気です。一度、発症すると進行を止めることが難しく、放置していると「前関節症期→初期→進行期→ 末期」と徐々に症状が悪化していきます。
痛みに加えて股関節の可動域(動かすことができる範囲) が制限され、日常の動作にも支障をきたすようになます。変形性股関節症の治療には、大きく分けて次の3つの方法があります。
保存療法、温存手術、人工関節置換術の3つです。

変形性股関節症は、レントゲン写真を見れば、軟骨のすり減っている程度が確認でき、進行の度合いがわかります。

手術に頼らない保存療法によって、変形性股関節症が改善されたことを示すレントゲン写真は世界的に見ても皆無でした。つまり、変形性股関節症の改善に有効といえる保存療法はなかったのです。

健康ゆすりで変形股関節症の痛みを軽減する

では、貧乏ゆすりをどれくらいの期間行えば、股関節の軟骨が再生するのでしょうか。まだ研究段階ではありますが、一般的には6ヶ月~数年の継続で、効果が現れることが多いようです。よくなったある方からは「クセになるまで行った」という声も寄せられています。 ただし、長時間にわたって意識的に貧乏ゆすりをするのは、想像以上に容易なことではあり貧乏ゆすりを意識的に長く行うのは大変だが足ゆらマシンを使えば簡単に毎日、続けられるのですすべての私が提唱する変形性股関節症の保存療法は、イスに座って症状のある脚を貧乏ゆすりするだけです。 足を乗せるだけで自動的に揺らしてくれる、健康ゆすりとでも呼ぶべき貧乏ゆすり器を導入しています。足ゆらマシンを1日2時間使用すれば、多くの場合、数ヶ月から数年の継続で股関節の隙間(関節裂隙) の拡大がレントゲン写真で確認できるようになります。痛みなどの症状ならば、2~3ヶ月で消失した例が数多く見られます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。