So-net無料ブログ作成

信頼性の高い食品を選べる「よいスーパー、よい店」の見分け方 [その他]

「肉」で見分ける「よいスーパー、よい店」

牛肉・豚肉・鶏肉のすべてについていえることですが、まず「ブランド肉」の表示があまり目立つような店はだめです。「ブランド肉」というのは、牛肉でいえば「黒毛和牛」「和牛」、豚肉でいえば「黒豚」などの表示、鶏肉でいえば、「地鶏」ほかの銘柄鶏のことです。少なくとも、それらの「ブランド肉」と同じくらい、通常の国産肉、輸入肉が並べられている店のほうが安心でしょう。

「魚介類」で見分ける「よいスーパー、よい店」

解凍表示や養殖表示のものが目につくくらい売られており、また、狭い水域(○○沖など) の原産地表示のものが多く並んでいることが、よい店のポイント。

野菜」で見分ける「よいスーパー、よい店」


よい店は、原産地表示に輸入国のものが目に入るくらい並んでいるところ。国内産では、原産地表示が、○○県より○○町のように狭い地域のものが多く見られるところです。

「加工食品で見分ける「よいスーパー、よい店」

製造年月日まで表示されているものや、パック表示に、「無漂白」「無着色」「特選」「極上」「完熟」などの強調表示やキャッチフレーズ表示が目立つ加工食品が多いところはだめです。また、食品添加物表示の数が少ないものが多いことがポイント。
その他個別に注意する点はこちらです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。