So-net無料ブログ作成

プリン体が多い食品や摂取方法に注意

まず、プリン体が多い食品には注意する。100g 当たり300mg以上含む食品は、鶏レパー、真いわし干物、いさき白子、あんこう肝酒蒸しなど。

次に100gあたり200mg以上含む食品は、豚レバー、牛レバー、かつお、真いわし、大正えび、さんま干物、真あじ干物など。

「焼く・揚げる」よりr煮る・ゆでる」プリン体は、水に溶けやすい性質をもっている。そのため、煮たりゆでたりすると煮汁にプリン体が溶け出し、焼いたり揚げたりするより、食品のプリン体の量が減る。

ただし、例えば鍋物では、野菜や、おじやにした米などに煮汁のプリン体が染み込む。煮汁や野菜、おじやなどは控え、控えた野菜は別の料理で補うなどのエ夫が必要です。
痛風の予防と治療はこちら。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。