So-net無料ブログ作成

腸内細菌をベストな状態にする [その他]

体内の腸内細菌

どんなに高価な体にいい食べ物を食べても、それを体がしっかり吸収できなければ、意味はありません。吸収できなければせっかく食べたものも効果がないということです。

そのためには、栄養分を吸収する腸の状態を整えることがとても大切です。人間の消化器官には、100~300種類、約10兆個、合計1kgの腸内細菌が生息しています。この細菌の様子は、野原に群れて喋く花にたとえて、「腸内フローラ」と呼ばれています。腸内細菌には、善玉菌であるビフィズス菌や乳酸菌、悪玉菌と呼ばれる大腸菌(腐敗菌)などがあります。

腸内で、善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れると、下痢、便秘、ガス腹などの不調が起きます。腸内フローラの状態を整えれば、栄養の吸収もよくなり、快便につながるというわけです。

善玉菌を増やすためには

乳酸菌を使った食べ物( ヨーグルト、乳酸菌飲料、チーズ、発酵パター)や、醸造製品(漬け物、みそ、しょうゆ、清酒など)を取ることが、特に効果があります。

整腸剤を使ってみるのもいい方法です。ビオフェルミンや、ビフィズス30億(ビフィズス菌)、コーカサス地方のケフィア菌、エビオス( ビール酵母)、ミヤリサン( 下痢止めとしても有名)などを続けて飲んでみましょう。さらに、善玉菌のエサになるオリゴ糖を組み合わせてみましょう。甘味料や、ワナナイトといった飲み物として市販されています。いろいうと試してみて、自分に合うものを選びましょう。
サプリにはヨーグルトの5倍もの乳酸菌が含まれるものもあります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。